契約書

契約書の意義

「契約」そのものは、両者の合意が得られた時点で成立するものですが、合意内容を明確にしたり後の紛争防止のために「契約書」を作成することが通例です。訴訟が発生したときには、契約書が存在することで「その契約が成立していたこと」や「契約の内容」を立証することができます。


契約書を管理するうえでの課題

前述のように、契約書は互いの合意内容を明示するもので、将来のトラブルに備えるためにも原本を確保しておく必要があります。しかしながら、以下のような理由で契約書の管理が難しいときがあります。

保管の分散 各部署・各拠点で契約書の取り交わしをしているため、原本がバラバラに保管されている。契約情報が企業内全体で有効活用されていない。

参照の手間 契約書は本社総務で集中管理しているが、各拠点からときどき参照依頼があり、その都度原本を探し出してファックスを送っている。年度末前後になると件数が増えるので、対応の手間もだいぶかかる。

原本の散失 契約書参照時に従業員が持ち出しをして、そのまま戻し忘れたり、きちんとした場所に戻さなかったりして、原本が行方不明になってしまう。

検索の属性 契約書締結ごとに台帳を作成して管理しているが、必要な検索キーワードでさっと探すことができない。もっと多面的な検索をおこないたい。

期限の管理 契約を期限切れのまま放置するのはコンプライアンス上問題があるが紙管理では難しい。また、無効になった契約書は適時廃棄したい。

契約書管理のあるべき姿

契約書を管理するうえで実現したい項目として、以下の要素があります。

両立させたいのは、(1) 原本の劣化や散失を防ぎつつ、(2) 参照したいときにすぐアクセスできること、です。そのためにもっとも重要なのは「入手後の速やかな電子化」です。


文書電子化を取り入れた契約書管理フロー

文書電子化を取り入れた契約書管理フロー図


契約書を電子化する際の検討ポイント

属性について

契約書を電子化するとき、最も重要になるのは「採取する属性の種類」です。利用するシーンを想定して、十分な項目を選択する必要があります。

通常よく採取される属性項目は以下のとおりです。

そのほか、お客さまによっては以下の項目を採取することがあります。

フォルダ階層の例と見開き1面スキャンによるコストダウン提案

コストの話

1件あたりの契約書ページ数は、それほど多くない(4ページ~10ページ程度)ですが、ほとんどは「袋綴じ」の形式のため、自動原稿送りスキャンをすることができず、1枚ずつの手置きスキャンになります。このため、他の文書よりも作業に時間がかかりコストは割高になります。品質を犠牲にせずにコストをおさえるためには、このようなやり方があります。


契約書の将来

契約の締結を電子上で完結する、ペーパーレスのクラウドサービスが増え始めています。印紙税の支払が不要であることから、いずれ多くのサービス提供者が参入していくでしょうが、まだなかなか踏ん切りが付かないことが多そうです。個人的にはどんどん電子契約がOKになるといいと思います。


お気軽にお問合せください

ホームページから問合せまたは TEL 0467-40-5157
このページの先頭へ