図面

図面の意義

機械設計、電気設計、土木・建築設計といった分野では図面は必須のものです。図面は「自社製品の設計図」ですから、企業活動においてもっとも重要な情報のひとつと言えます。また、図面は保存期間が非常に長いのが特徴です。製造業なら製品が市場にある限り、建設業なら建物が建っている限りは図面の維持をする必要があります。


図面を管理するうえでの課題

「図面をいかに管理・維持するか」の試行錯誤には非常に長い歴史があります。製造業・建設業がITを取り入れ始めたきっかけは図面管理と言っても過言ではないでしょう(その昔はIT化ではなくてOA化と言っていましたが)。とはいえ以下の点で図面の管理は難しい面もあります。

サイズがいろいろ 一般的な複写機で取り扱えるA3サイズ以下のもの以外にも、A3超~A0サイズの大きなサイズも多いし、業種によっては長尺(巻物状に一方向に長いサイズ)もあったり、いろいろです。

時代がいろいろ 図面の特徴として「年代が幅広い」ことがあります。古いものは破れたり切れたりしていますし、青焼き図面で文字が潰れていたりかすれていたりします。

保管方法がいろいろ 紙の図面は、折り畳んで上製本されていたり、丸めて図面筒に入れていたり、観音製本にしていたり、専用の図面キャビネットにきれいに保存していたり、お客さまによっていろいろです。

メディアがいろいろ 紙の図面、昔マイクロフィルムに撮影した図面、取引先が送ってきたPDF図面、設計課が作成したCAD図面…いろいろな図面があって、一元管理するのが難しいことがあります。

バージョンがいろいろ 図面は随時、設計変更により修正されます。「いつ時点の図面はどうだったのか?」が大切なことがあります。変更日管理やバージョン管理が重要になってきます。

図面管理のあるべき姿

図面管理をするうえで実現したい項目としては、以下の要素があります。


図面を電子化する際の検討ポイント

図面はサイズが大きいので、他の書類に比べてコストが割高になりがちです。これが一番のボトルネックになることが多いです。「大切な情報で、過去の蓄積がたくさんある。けれど電子化の見積をとって概算額を聞いたらとても無理。しばらく放っておこう」というケースがよくあります。検討ポイントとしては「いかにコストを抑えて電子化するか」になります。そのためには次のやり方をお勧めします。

コストの話

これから作成する図面を製本工程に回すとき、「製本の前に電子化しておく」と電子化コストは割安になります。観音製本になった大判図面は、「寸法が大きく」「観音製本はバラせない」ので、特殊な大型手置きスキャナが必要となりスキャンのコストが上がります。図面を製本して保管しているお客さまは、是非製本の前に電子化することをご検討ください。

お客様満足度向上の話

これまで、取引先やお客さまに図面を提出するとき、紙でのやり取りをしている場合、相手先での活用利便性を考え「紙図面一式+電子図面一式」のセットで納品することはいかがでしょうか。マンションの管理組合向けに「希望する居住者には図面等の資料を電子で配布する」付加サービスを提供する事例もあります。


お気軽にお問合せください

ホームページから問合せまたは TEL 0467-40-5157
このページの先頭へ