製造系の記録文書

製造系の記録文書の意義

製造現場で発生する各種書類(例:製造指示書、出荷検査書、品質記録など)は品目ごと、製造ロットごとに大量に発生します。万一製品に不具合があった場合に、原因の追跡や不具合範囲の特定といったトレーサビリティのために不可欠な文書です。


製造系の記録文書を管理するうえでの課題

自社製品の品質管理のため、また万一の不具合発生時のトレーサビリティのために重要な製造系の記録文書ですが、以下の点でお困りのことが多いようです。

保管スペース 製造現場で確認・記録をする都合で紙であり、日々膨大に発生することから広い保管スペースが必要。

乱雑な管理 製造品・出荷品に不具合がなければ参照されない文書であるため、キチンとした保管をさぼって乱雑になりがち。

不具合発生時の苦労 普段の利用頻度は低いのですが、いざ不具合が発生したときには大至急確認する必要に迫られます。必要な文書をピンポイントですぐ見つけるのが大変。

費用対効果 上記のように「製造が順調なときは重要度が低い文書だが、不具合発生時には最重要文書に昇格する。昇格タイミングは予見できない」という性質があるため、費用対効果で躊躇する。「とりあえず工場の片隅にそのままで…」という結論に。

製造系の記録文書管理のあるべき姿

紙を発生させないしくみに変えられれば一番良いことです。センサーによるデジタル計測や、タブレット端末を利用した記録などを積極的な活用に取り組む企業もあります。しかしながら「結局は元請けの了承次第」という場合もあって自社の都合で変えられない実情もあるかもしれません。


製造系の記録文書を電子化する際の検討ポイント


このページの先頭へ