技術文書・研究報告書

技術文書・研究報告書の意義

技術開発部や研究所が作成する技術文書は、組織により「技術報告書」「研究報告書」「テクニカルレポート」「テクメモ」などと呼ばれます。呼称はいろいろでも、それはその企業の競争力の源泉となる「技術革新」や「製造ノウハウ」であり、最終的には「発明・特許」につながる重要情報です。昨今は産業スパイ事件も報道され、情報の流出により数百億円のビジネス機会を失ったり、訴訟に多大な期間と労力をかけるケースも発生しています。情報を全力で守りましょう。

また新しいアイデアや技術は、数多の先人たちの労苦の上に成り立っていることが多いです。過去の技術情報・研究情報を、他の研究者が参照できる形で残していくことは、技術・研究部門の役目と言えます。


技術文書・研究報告書を管理するうえでの課題

「文書を漏洩から守る」ことと「ノウハウと最大限に活用する」ことのバランスが求められます。

機密の保持 技術文書はその企業にとってのコア技術ですから、社外に漏洩したり必要のない従業員に見られないようにしなければなりません。セキュリティ管理・アクセス権限管理が必要です。また漏洩や持ち出しもリスクですが、建物やITインフラの事故・災害などによるデータ消失にも備えなければなりません。

情報の有効活用 重要で秘匿性のある情報とはいえ、業務上必要なメンバーには情報が使いやすい環境を提供しなければ、研究開発の促進が阻害されてしまいます。秘匿と公開の管理をきめ細かくおこなうことが重要となります。

真正性と存在証明 その技術文書が「確かにその人(≒企業)が作成したものであること」と「そのデータがある日時に確かに存在したこと」はそれぞれ「電子署名」と「タイムスタンプ」によって担保することができます。発明や特許にかかわる文書であれば、この観点での対応も必要です。

技術文書・研究報告書管理のあるべき姿

技術資料・研究文書を管理するうえで実現したい項目としては、以下のことがらが挙げられます。


技術文書・研究報告書を電子化する際の検討ポイント

研究開発段階において発生する文書にはさまざまなものがあります。どれを電子化すべきかは企業により異なります。どれも重要そうに見えるのでなかなか優先順位がつけられないこともあります。また重要であるからこその悩みですが「あちこちに副本がある」ことも多いです。そんなときは、一度お声掛けください。私たち第三者が研究開発文書の棚卸しをおこなって、現状報告をします。それを受けて相談しながら新たな管理方法を見つけていきましょう。拙速な電子化着手はあとで失敗することがあります。


技術文書・研究文書の将来

この分野の書類は、すでに「初めから電子で作成する (born digital)」ことが定着していると思います。その観点では現在技術躍進著しい「AI技術」の適用が早い分野になると思われます。研究報告書から要約を自動生成する技術、関連の高い技術文書をレコメンドする技術、報告書に自動的なタグ付けをする技術、複数の研究の集合から将来の研究テーマを導出する技術などが一般的になっていくでしょう。


このページの先頭へ