メリット

書類の電子化にはさまざまなメリットがあります。

いまどきであれば「そもそもの文書発生段階から電子的に作成する(Born Digital)」が望ましいですが、現実にはまだ紙の文書も多く存在します。

情報のライフサイクルの早い段階で電子化することで、有効活用できるシーンが多くあります。

 

業務サイクルを高速に回す

電子化して業務フローに取り込むことで業務サイクルのスピードアップに役立ちます。業務完了や意思決定の迅速化を見込むことができます。

文書関連コストを削減する

文書の維持・利用に関するコスト削減ができ(オフィス賃借料、キャビネット等の什器代、コピー代、郵送・輸送費用など)、経費節減に役立ちます。

時間と場所を選ばない

働く場所によらず、クラウドを利用することでいつでも情報を利用することができます。無駄が少なく中身の濃いワークスタイルの実現に役立ちます。

過去のノウハウを再発見する

電子データは経時劣化しません。電子化することで過去の重要なノウハウ・できごとを再発見することにも役立ちます。

原本の散逸を防ぐ

重要文書は万一のためになくしたくないものです。発生のたびに定期的に電子化し、電子データを利用することで原本の散逸防止に役立ちます。

万一のリスクに備える

自然災害やテロといった、企業の業務継続に対するリスクが増大しています。いざというとき「いかに業務を迅速に復旧させるか」の計画づくりに役立ちます。

オフィスを有意義に使う

文書保管それ自体は利益を生みません。従業員の皆さんが文書を利用してこそです。利益を生む従業員の皆さんのためにオフィスを広く使うことに役立ちます。

情報の伝言ゲームを廃する

情報を一元化し皆が同じ情報にアクセスすることで、コミュニケーションの効率化やコミュニケーションミス防止に役立ちます。

このページの先頭へ

注意点

電子化にはメリットが多いですが万能でもありません。注意点もあります。

お客様ごとに事情は異なりますが、以下のような点はよく検討されてください。

電子化が必要?

本当に電子化が必要でしょうか。中身を精査したら半分は捨てられたというケースもあります。将来の利用のあてがない文書の場合、投資に見合ったリターンが出ないこともあります。

GIGO (Garbage In, Garbage Out)

「ゴミを入れればゴミが出てくる」という意味です。文書の事前確認・整理や仕様ぎめをしっかり準備しないと、電子化しても探しづらい・使いづらいものになってしまいます。

電子化後の原本は?

電子化した原本をどのようにしますか。そのまま棚に戻すと、電子化済みかどうか分からなくなってしまいます。きちんと識別して管理しましょう。電子化したら廃棄するか、倉庫に送るのがベストです。

文書の属性は?

文書管理システムには属性項目を好きなだけ設定できます。ただし多くしすぎると、登録やメンテナンスの手間が増えます。必要十分な属性をご検討ください。現在の文書の探し方が検討のベースとなります。

このページの先頭へ

文書管理・保管にかかっているコストの目安

紙文書管理にまつわる一般的なコストについての参考情報です。

費用対効果を計算するときの目安になれば幸いです。


紙文書のライフサイクル


保管スペース(共有分)

一般的な文書キャビネットの占有面積(扉開閉スペース含む)はおよそ90cm四方。約0.25坪です。東京都心5区の賃料坪単価がおよそ月額2万円です。キャビネット1本分のスペースコストは月額5,000円です。

電子化すると 不要に

バインダー類

5cm厚のバインダー1冊の価格はおよそ650円です。収納枚数が500枚ですので、紙1枚あたり1.3円の綴じ具コストがかかります。6段キャビネットいっぱいに格納すると70,200円かかります。

電子化すると 不要に

文書作成・再作成

文書作成の費用は、人件費として算出できます。[従業員の時間当り人件費]×[処理時間]×[文書数]を当てはめると良いでしょう。電子化することで再作成費用が短縮できるかもしれません。

電子化すると 時短に

文書複製

文書コピーの費用です。大雑把に言えば1枚=10円かかります(機器代+コピー料+用紙代)。

電子化すると 不要に

文書捜索

[キャビネットへの往復回数]×[1往復にかかる時間]×[時間当り人件費]、として算出ができます。

電子化すると 時短に

文書配布

紙文書を郵便、宅配便等で授受をしている場合、輸送コストがかかります。FAXの場合は通信料。

電子化すると 不要に

外部倉庫保管

外部倉庫に書類段ボールを保管する場合、1箱・1か月につき100円~150円の保管料がかかります。ほかに取り出し料などがかかります。

電子化すると コスト減

保管スペース(個人分)

意外に場所を食っているのが従業員個人持ちの文書です。個人あたりの分量はまちまちですが、文書の属人化を廃する契機になります。

電子化すると 不要に

このページの先頭へ

こぼれ話:文書管理業界の伝説的な言説

電子化業界で有名な言説として以下のようなものがあります。文書管理セミナーなどに参加した経験がある人は見聞きしたことがあるかもしれません。曰くこういったものです。

これらの言説には具体的な数字が含まれており、「なるほど参考になるなあ」という気がします。とってもします。私もそう思っていました。しかしながらほとんどの場合出典がなく、あったとしても「Coopers & Lybrandの調査によると」とか書いてあります。

この話の真相は…

都市伝説のようです。アメリカ電子化業界の協会の偉い人(会長)が「今までプレゼンで何百万回もこんな話してきたけれど、実は出典とされている調査レポート自体を見たことがない」とのことで出典をブログで呼びかけています(ちなみに出典の発見者には "年会費125ドル無料" の賞金がかけられています)。


お気軽にお問合せください

ホームページから問合せまたは TEL 0467-40-5157
このページの先頭へ