アーカイブは、「#取引先にもリモートワークを」アクションに賛同します。

仕事の場所が自由なら、満員電車に乗らなくていいし、家族との時間が増えたり、離れた親と一緒に暮らせるようにもなるかも。余暇の時間が増えて消費が拡大したり、睡眠時間が増えてみんな健康になったり、ひょっとすると少子化にもいい影響があるかも。 みんながリモートワークできるわけじゃないけど、できるところから当たり前のように変えていこうよ。いろんな事情を抱える人が、仕事をあきらめずに済む社会を実現しようよ。

これを機会に「働きやすさを阻害している(かもしれない)仕事のルール」を変えていきましょう。

  • 見積書や請求書は電子送付でOKとして、原本送付を不要にしよう。
  • 真にはんこが必要な業務は実は少ないから、それ以外は押印指定をやめよう。
  • 電子契約や電子サインに積極的に対応しよう。契約って大事だけど、手間をかける必要はないよね。さっさと契約済ませて業務スピードを上げよう。
  • 情報の電子化・クラウド化を進めよう。仕事に必要な情報がネットワーク上にあれば、仕事の場所は自由にできるね。
  • 過去の紙は、電子化してもいいけど、ほとんどは捨てても大丈夫だと思うよ。まずは捨てることを考えて、そのうえで本当に必要なものを電子化したらいいよ。
  • 日本の労働生産性は先進国中最下位、って言われ続けるのも癪だよね。日本には小規模企業・中小企業が多いからって言われるけど、中小から見たら、大企業にムダが多くてそのムダを取引先に押し付けているように見えるよ。

将来は「企業間をまたぐビジネスインフラが構築され、みながこれを活用し、紙が発生しない」社会を希望します。

「紙文書のスキャニング電子化」を生業としている弊社が「紙の出ない業務プロセス」を望むのは矛盾かもしれませんが、その実現を期待しながら日々スキャンしています。

このページの先頭へ