PowerList2プログラムの配布方法変更 (2021年7月)

PowerList2のプログラム配布方法を「弊社サイトからのダウンロード」に変更し、インストールメディア(DVD)を別売としました。合わせてユーザー登録方法もFAXから電子メールに変更しました。

DocuWorks Viewer Light 9.1とPowerList2の組み合わせについて (2021年7月)

PowerList2(2.0.10以前)でお使いの場合、DocuWorks ViewerLightのバージョンが9.1のときに正常に起動しない問題が発生していました。この不具合に対応した、PowerList2の最新版(2.0.12)を公開しました。ダウンロードのページから最新版を入手して適用してください。

DocuWorks 9以降でのPowerList2のOCR機能について (2018年5月)

DocuWorks9とPowerList2の組み合わせで利用したとき、PowerList2の「OCR処理により文書の内容を読み取りユーザー属性に展開する」機能が使用不可となりました(機能を実行しても何も起こりません)。PowerList2でOCR属性展開機能をご利用のお客さまはご注意ください。

ソフトウエアの概要

台帳作成

指定したフォルダ内のファイルから、一覧表形式の台帳を作成します。

台帳には、お好みの属性を複数設定して管理することができます。

お好みの項目名を設定し、情報を入力することができます。

入力した内容に基づいて、一括でファイル名を変名することもできます。

台帳作成

検索

台帳はさまざまな方法で目的のファイルを検索することができます。

検索

更新チェック

台帳を更新すると、ファイルの「追加」「更新」「変更」の状況が分かります。

更新チェック

一括印刷

ページの用紙サイズごとに出力先や出力サイズを設定し、複数ファイルをそれぞれ指定した部数でまとめて印刷することができます。

一括印刷が可能なファイルは、DocuWorks(.xdw/.xbd)、TIFFファイル、JPEGファイルのみ。
一括印刷
このページの先頭へ

動作環境

対応OS
Windows 8.1 / 10 日本語版
別途必要なソフトウエア
DocuWorks 8 / 9 / 9.1
DocuWorks Viewer Light
Microsoft Excel (Excelファイルの読み書きをする場合)
このページの先頭へ

制限事項

備考

1つの台帳ファイルに大量なファイルを登録すると表示に時間がかかったり、ソフトウエア内部のリソース上限にひっかかりエラーとなることがあります。台帳ファイル1つにき3,000件ぐらいまでを目安にご利用ください。

このページの先頭へ

ご購入

PowerList2商品価格

ユーザーライセンス(インストールメディア別売)
 1ユーザーライセンス 14,800円 (税込 16,280円) ASV0016
 5ユーザーライセンスパック 39,800円 (税込 43,780円) ASV0017
 10ユーザーライセンスパック 59,800円 (税込 65,780円) ASV0018
インストールメディア
 インストールメディア(DVD) 2,000円 (税込 2,200円) ASV0025
1年サポートパック
 1ユーザーライセンス用 5,500円 (税込 6,050円) ASV0022
 5ユーザーライセンス用 6,500円 (税込 7,150円) ASV0023
 10ユーザーライセンス用 7,500円 (税込 8,250円) ASV0024

ご購入方法

お近くの富士フイルムビジネスイノベーションジャパン販売店から購入できます。

このページの先頭へ

サポートについて

購入後6か月間、専用メールアドレスによる無償サポートを提供いたします。その後は1年単位のサポートパックを有償で販売しています。

ユーザーサポートは、ユーザー登録が完了したお客様のみご利用できます。

購入後の問い合わせにつきましては、専用メールアドレスにて受け付けています。専用メールアドレスは、製品に含まれる資料「サポートについて」に記載がございます。電話での問い合わせや、お客様先へ訪問してのサポートは受け付けておりません。

このページの先頭へ

よくある質問

▶全般

プログラムを起動後、メニューの[ヘルプ]→[利用者マニュアル]から参照することができます。また、Windowsのスタートメニューから、[プログラム]→[PowerList2 for DocuWorks]→[ドキュメント]→[利用者マニュアル]で参照することもできます。(プログラムからの参照は、Ver2.0.1以降で対応しています)
利用者マニュアルの「DocuWorks Deskへのプラグインボタンの設定」を参照しながら設定してください。
インストールをするには、Administrator権限を持ったWindowsユーザでログインしておく必要があります。ユーザの権限に問題ないかご確認願います。
ダウンロードしたインストーラ(ZIPファイル)の展開先フォルダやインストーラのファイルが、暗号化されたり、アクセス権限(読み取り)が適切でない場合、上記エラーが発生する可能性があります。フォルダやファイルの状態に問題がないか確認してください。
ローカルネットワークに接続しており、かつインターネットに接続されていない環境でご利用の場合、以下の方法で解決する可能性がありますので、お試しください。
【方法1】インストールされているバージョンが、Ver2.0.4未満の場合、最新版をインストールする。
【方法2】以下手順に従い、設定を変更する。
1) プログラムを起動していた場合、終了する。
2) コントールパネルから[インターネットオプション]を開く。
3) [詳細設定]のタブを選択する。
4) 「設定」の「セキュリティ」にある「発行元証明書の取り消しを確認する」のチェックを外す。
5) [OK]ボタンを押下し、設定を保存する。
6) プログラムを起動する。
※方法2は、方法1の内容が当てはまらない場合、もしくは方法1は試したが、事象が改善しない場合にお試しください。
.NET Framework または DocuWorksの状態が不正になっている可能性があります。PowerList2、.NET Framework、DocuWorks、DocuWorks Viewer Lightの全てを再インストールして再度起動してみてください。
実行するために必要なC++ランタイムファイルを見つけられない場合、本エラーが発生します。
以下Microsoft Visual C++ 2010 ランタイムファイルをダウンロードし、インストールしてください。インストール後、PowerList2が起動できるかお試しください。
Microsoft Visual C++ 2010 ランタイムファイル ▶ Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(vcredist_x86.exe)
Windowsの画面設定にて、フォントサイズを標準設定(96DPI)から変更している場合、発生する可能性があります。画面設定をご確認頂き、フォントサイズが変更されていた場合は標準に戻して、プログラムを再起動してください。
ユーザ登録済のお客様の場合、本人確認後に後日文書にてお知らせいたします(不正防止のため、電話口での回答はできません)。なお、ユーザ登録をしていない場合、再発行することはできません。ユーザ登録がされていないと、サポートサービスも受けられませんので、ご購入後は速やかにユーザ登録をお願いいたします。ライセンス証書は、お客様のライセンスを特定する非常に重要なものになり、紛失されるとソフトウエアをご利用できなくなりますので、大切に保管してください。
ご利用環境によって、Windows10からアンインストールする際「このWindowsインストーラパッケージには問題があります。セットアップは必要なプログラムを実行できませんでした。サポート担当者またはパッケージ製造元に問い合わせてください。」というメッセージが表示されることがあります。アンインストールは成功しておりますので無視していただいて問題ありません。

▶台帳操作関連

サムネール表示に対応するファイルは、DocuWorksファイル(.xdw/.xbd)、TIFFファイル(.tif/.tiff)、JPEGファイル(.jpeg/.jpg)の3種類となります。また、リスト作成直後の初期設定では、TIFFファイルとJPEGファイルの表示は無効となっていますので、有効にしたい場合はメニューの [表示]-[表示項目の設定] にて設定を変更してください。
プレビュー表示に対応するファイルは、DocuWorksファイル(.xdw/.xbd)、TIFFファイル(.tif/.tiff)、JPEGファイル(.jpeg/.jpg)の3種類となります。
キーとしてアルファベットや数字を利用した場合、全角と半角、アルファベットの場合は 大文字と小文字も含め、全て同じ文字として扱います。また、キーとしてひらがなやカタカナを利用した場合、全て同じ文字として扱います。
並び替えでキーとして使用する属性の書式が「文字列」になっている可能性があります。メニューの[表示]-[表示項目の設定]から表示項目設定画面を開き、当該属性の書式が「数値」となっているか確認してください。
オートフィルタの状態は保存されません。保存済のリストを開くときは常にオートフィルタが解除された状態となります。
サムネールやファイル名をダブルクリックしてファイルを開く場合、「台帳ファイル(.dwls)およびEXCEL形式やHTML形式で出力したファイルを保存したフォルダ」+「リスト内のフォルダ名」のフォルダ内に、リスト内のファイル名で実際のファイルが存在する必要があります。
サムネールは、リストの更新以外でも、並び替えやオートフィルタなど、リストを再表示する際に実際の文書ファイルからサムネールを作成して表示しますので、リストの更新以外のタイミングでも表示内容がかわります。
属性のセル中にタブが含まれる場合、自動的にタブ1個につき1個の半角スペースに変換されます。セルに入力されている文字の末尾が半角および全角スペースの場合、その末尾のスペースは自動的に削除されます。
本製品にてサポートしているExcelのバージョンは、Excel 2010/2013/2016です。他のバージョンがインストールされていないかご確認ください。
Excelの仕様のため、ファイル名に半角の#が含まれる場合、ハイパーリンクからファイルを開くことはできません。
Excelからのインポート機能について、属性部分は1セル当たり1,024文字まで読み込むことができます。1,024文字を超える箇所については読み捨てられます。
データ量が多くなると操作が重くなったりする場合があります。サムネールの表示を無しにすると改善される場合がありますので、試してみてください。なお、サムネールの表示設定はメニューの[表示]-[表示項目の設定]にて変更することができます。
本バージョンでは、旧バージョンの形式(.dwl)で保存することはできません。
管理対象フォルダ内のショートカットの情報取得に失敗しています。OS環境やショートカットの作成手順に依存して発生する可能性があります。エラーとなっているショートカットを1度削除して再作成し、再度操作してみてください。
候補は、入力フォームを表示した時にフォーム上に表示されます。
OCR読み取りによる属性設定ができるファイルは、イメージファイルから作成されたDocuWorksページ及び、TIFFファイル、JPEGファイルのみとなります。また、セキュリティがかかっているDocuWorksファイルの読み取りもできません。
以下のような要因が考えられますので該当する項目がないか、確認してみてください。
・実行時の読み取り対象属性の指定が漏れている。
・読み取り箇所指定ファイル内の読み取り箇所内のテキストが、リスト上の項目名と一致していない。
・読み取り箇所指定ファイル内の読み取り箇所の位置が、用紙サイズからはみ出している。
・設定する項目の書式と、読み取ったデータの内容が一致していない。(例:書式が「数値」の項目で、読み取った文字列が「100a」の場合等)
OCR処理はDocuWorksの内蔵OCRを利用しています。そのため、文字の認識率はDocuWorksの機能に依存します。
リストを新規に作成すると、表示項目設定画面にて毎回同じ内容を設定する必要がありますが、以下の手順により既にある台帳ファイルの設定を流用することができます。
1) 空のフォルダを作成します。
2) 流用したい台帳ファイルを 1)で作成したフォルダにコピーします。
3) コピーした台帳ファイルをダブルクリックで開きます。
4) 開いた台帳にて全行を選択し、「編集」メニューの「リストから削除」を選択します。
5) 「確認」画面が表示されますので、「いいえ」を選択します。
6) 全行が消えますので、消えた状態で「ファイル」メニューの「上書き保存」を選択します。
7) 「ファイル」メニューの「終了」を選択し台帳を閉じます。
8) 空で保存された台帳ファイルを台帳を作成したいフォルダにコピーします。
9) コピーした台帳をダブルクリックで開き、「編集」メニューの「リストの更新」を選択します。
10) 「表示」メニューの「ステータスのクリア」を選択します。
以下のような原因が考えられますので、それぞれの対処をして再度実行してみてください。
・変名後の名称と同じファイル名となってしまうファイルが既に存在している。
→ファイル名が同じにならないように属性の内容を変更してください。
・変名に利用する属性の内容に、ファイル名で使用できない文字( \ / : , ; * ? " > < | )が含まれている。
→属性の内容を変更してください。
・変名後のファイル名(フルパス)の長さが、Windowsの最大値を超えている。
→ファイル名が短くなるように属性の内容を変更してください。
・該当ファイルを他のアプリケーションで開いている。
→他のアプリケーションで開いているファイルを閉じてください。
Windowsのファイル共有機能で周知の問題が発生している可能性があります。Microsoft社の以下の情報をご参照頂き、対処してみてください。▶ SMB2 通信を利用してファイルが正しく参照できないことがある
SJISの文字コード以外の文字の利用には制限があります。以下の場合はインポートや出力に失敗する可能性があります。
・PowerList2が管理対象とするWindowsのフォルダ名/ファイル名に、SJISに存在しない文字コードが含まれている場合。
・出力元のPowerList2台帳の表中(フォルダ名、ファイル名、属性値)に、SJISに存在しない文字コードが含まれている場合。
・インポート元のエクセル表中(フォルダ名、ファイル名、属性値)に、SJISに存在しない文字コードが含まれている場合。
管理対象となるWindowsのフォルダ名・ファイル名、出力元のPowerList2台帳の表中、インポート元のエクセル表中には、SJISに対応(マッピング)可能な文字コード(UNICODE)を使用するようにしてください。

▶一括印刷関連

一括印刷に対応するファイルは、DocuWorksファイル(.xdw/.xbd)、TIFFファイル(.tif/.tiff)、JPEGファイル(.jpeg/.jpg)の3種類となります。
以下の操作で設定を新規に作成してください。
印刷設定メニューにて、[新規作成]ボタンをクリック → 設定名を入力 → 「2A0」のタブを選択 →「印刷先プリンタ名」を選択 → 「印刷用紙サイズ」を「A4」に合わせる →画面右上の[この設定を全てのサイズに反映]ボタンをクリック → 画面右下の[設定]ボタンをクリック
Administrator権限を持ったアカウントで本製品をご利用ください。
複数のリストから同時に一括印刷をすることはできません。他のリストの一括印刷が終わるまでお待ちください。
印刷設定の画面や一括印刷プログラムのメッセージが表示されたままとなっていないかをご確認ください。
印刷対象文書に上見出しが設定されているとき、ヘッダ付与を利用して印刷した場合は、上見出し情報がヘッダ情報に置き換えられて印刷されます。
一括印刷中は、通常使うプリンタの設定やプリンタプロパティの設定、DocuWorksViewerの印刷時の詳細設定を変更しながら印刷を実施していますので、一括印刷が終了するまでは、他のアプリケーションから印刷しないでください。
文書編集が禁止されたファイルは、ヘッダ付与を指定した印刷をしても付与されずに印刷されます。アノテーション編集が禁止されたファイルは、印刷設定のアノテーション印刷にて「印刷する」「印刷しない」を指定してもファイルのアノテーションの表示状態に従って印刷されます。
このページの先頭へ

ダウンロード (最新版2.0.12)

PL2_2012_CD.zip: 約333MB
新規購入時や、PCの入れ替えなどで新規PCに導入したいときはフルパッケージ版をご利用ください。

PowerList2_2012Up.zip: 約22MB
ご購入済みの方向け
最新版2.0.12へのアップデータです。

PowerList2_2012Trial.zip: 約327MB
購入をご検討中の方向け
30日間無料で製品版と同じ機能をご利用いただけます。

A3サイズ2ページのPDFで作成してあります。
両面印刷後2つ折りにしてご利用ください。

PowerList2_2012Eval.zip: 約327MB
販売店さま向けデモ/検証用バージョンです。
別途シリアル番号が必要です。

このページの先頭へ